Universal Clamp

ユニバーサルクランプシステムは、脊椎固定術に新たなアプローチを提供します。このシステムは以前から存在する概念を具現化したものです。バンド、クランプ、セットスクリューを用いて複雑な脊椎疾患の矯正も簡素化出来る汎用性の高いシステムです。ユニバーサルクランプインプラントの独自のデザインが三次元での矯正手技を提供します。直感的かつ洗練されたシンプルな手術手技を実現の為にユニバーサルクランプシステムを生み出しました。

ユニバーサルクランプシステムの特徴

  • トランスレーションとリダクションを容易に行え、椎弓根を温存する手術手技 
  • 骨折のリスクを最小限に抑え、整復力を高めた特許取得済みのデザイン
  • 固定範囲の迅速な安定化
  • 簡素化を目指した最小限の手術器械

適合性が高いこと

ユニバーサルクランプシステムの柔軟性のあるポリエステルバンドは、様々な脊椎疾患に適応すると共 に、締結直後より迅速な安定性を提供します。

シンプルであること

ユニバーサルクランプシステムは、最小限の手術器械により手術の流れを改善し、効率的に矯正できるシンプルで直感的なアプローチを提供します。

より高い強度、より少ない設置制限

ユニバーサルクランプシステムではフックやワイヤー、スクリューでの設置制限がある場合でもシンプ ルなサブラミナワイヤー法を用いて、骨とインプラントを最適な強度にて設置することが可能です。


EXPERIENCE THE BENEFITS OF THE UNIVERSAL CLAMP SYSTEM

矯正操作器械

img-1

複数の手技に対応するリダクションインスツルメントがシンプルな矯正操作を可能にします。

 

ポリエステルバンド

img-2

生物学的適合性のあるポリエステルバンドが、インプラントと骨の接触面でのストレスを減らします。

 

チタン製クランプ

img-3

クランプをロッドに取り付けて使用することにより適切なアライメントに矯正できます。


Clinical Case

img-4

16 歳女子、思春期特発性側弯症

(AIS)Lenke Type 1

主胸椎カーブ:70°

img-5

追跡期間6 ヵ月

主胸椎カーブの矯正率:85%

img-6

女性、自転車事故、T12 の破裂骨折(T11-L1 後彎角度22°)

スクリュー4 本、ユニバーサルクランプインプラント4 個、椎体置換ケージ1 個を用いた全周性の固定によって治療(T11-L1 後彎角度7°)

Additional Information