Polaris System Translation Screw

Game Changing Technology

polaris_system_translation_screw_01
  • スクリューシートが内外側に3.0mm可動することでロッドの設置を容易にし、最適な位置にスクリューを設置可能
  • クロススレッドとシートスプレイを最小限に抑え、固着強度が増すデザイン
polaris_system_translation_screw_02

Less Rod Manipulation, Easier Rod Introduction

  • スクリューヘッドが内外側に可動
  • ロッド設置時の操作が簡便になり手術の効率化が図れる
  • 術中にスクリューヘッドを調整出来、ロッド設置時にかかる骨とスクリューインターフェイスの負荷を、最小限に抑える
polaris_system_translation_screw_03

Mechanical Testing

  • 引き抜き試験において、Polaris 5.5 Multi-axial Screw と同等の強度を持つ
  • インサーショントルクはPolaris 5.5 Multi-axial Screw よりも高い結果が得られた
  • ASTM1717に準じた強度試験において、Polaris 5.5 Multi-axial Screw より固定力がより強い
polaris_system_translation_screw_04-1

引き抜き強度は張力を加えた時のインプラントの最大抵抗値です。引き抜き試験は軸方向に引っ張り、スクリューが抜けるまで力を加えます。1,2

polaris_system_translation_screw_04-2

トルクインサーションは骨質とスクリューのスレッドプロファイルに依存します。インサーショントルク試験は、スクリューが挿入され、得られた最大のトルクです。1,2

polaris_system_translation_screw_05-1

圧縮曲げ試験では、屈曲をシュミレートするために垂直負荷を掛けます。静的圧縮曲げ試験はコンストラクトが壊れるまで負荷を掛けます。1,2

polaris_system_translation_screw_05-2

静的ねじり試験では、回旋をシュミレートするためにニュートラルポジションから一方向に回します。静的ねじり試験はコンストラクトが壊れるまで負荷を掛けます。1,2

Unparalleled Thread Performance

  • より骨をしっかりと把持し、高い固定力を実現させるスレッド形状1,2
  • 素早く正確なスクリューの挿入が可能
  • 挿入中におけるスクリューのぐらつきを最小限に抑える
  • 理想的なトラジェクトリーでスクリューを挿入できるように設計された先端形状
polaris_system_translation_screw_06
  1. Sell P., et al. Pedicle Screw: Axial Pull-out Strength in the Lumbar Spine. Spine 1988; 13(9):1075-1076.
  2. Chapman, J., et al. Factors affecting the pullout strength of cancellous bone screws. J Biomech Eng. 1996 Aug;118(3):391-8.

Additional Information