Polaris 5.5

Polaris5.5_01

Polaris 5.5 スパイナルシステムは合理的な胸腰椎システムを目指して開発されました。豊富なラインナップにより、より複雑で困難な症例にも総合的なソリューションを提供します。新たに下記のインプラントが加わりました。

Implants

Polaris5.5_02

Multi-axial Screw Double lead screw

  • スピーディーにスクリューを挿入可能、多椎間固定の手術ではop時間の短縮に繋がる
Polaris5.5_03

Uniplanar Screw

  • スクリューヘッドが矢状面方向にのみ36度の自由度を有する
  • 内外側方向への可動制限により脊椎変形の矯正に用いる

Iliac Screw

  • 60度の自由度を有するマルチアキシャルスクリュー
  • ダブルリードスレッド
Polaris5.5_04

φ5.5mm CoCr Rod

  • 強度別に3種類(Low / Standard / High)を用意
    長300mm、長510mm (ヘックスエンド)
Polaris5.5_05

Cross Connector

  • ロープロファイル
  • テレスコープタイプとフィックスドタイプを用意 
    ※フィックスドタイプにサイズを追加
  • テレスコープタイプは長さの微調整が可能なだけでなく三次元方向に高い自由度を有する
Polaris5.5_06

Lateral Connector

  • ロープロファイル
  • シビアにロッドベンディングを行わなくともロッドとスクリューの連結が可能 
    ※ミドルサイズを追加
Polaris5.5_07

Polaris5.5 スパイナルシステムに新たなラインナップとしてフックとフィックスドスクリューが加わり、より複雑で困難な症例へも総合的なソリューションのご提供が可能となりました。

Trivium Derotation System

ペディクルスクリューの固定性を応用した3次元的矯正手技を実現します

polaris_additional_1

Additional Information