Comprehensive Fracture PPS Stem

ステム近位部の改良

comprehensive_fracture
  • PPS(Porous Plasma Spray)コーティング*
  • 従来品(マクロボンド加工)に比べ、平均15%の面積拡大1
  • 上腕骨近位部骨折(3part, 4part骨折)での近位骨片の癒合を促進

*このコーティング技術は、股関節ステム等で既に25年以上の臨床成績2が報告されています。

フラクチャーPPS ステム

comprehensive_fracture_pps_stem_02
  • リバースモーステーパーにより、術中ステムを抜去することなく人工骨頭からトータルショルダーに変更可能
  • 解剖学的な45 度ネックアングル
  • 面取りしたスーチャーホールによりスーチャーの摩耗を減少
  • 様々なサイズが利用可能

上腕骨ヘッドオプション

髄内ポジショニングスリーブ

comprehensive_fracture_pps_stem_04
  • 完全な髄内デザイン
  • 可動域評価の弊害となる髄外の高さ調整ジグが不要
  • スリーブは意図されたトライアルとステムの高さを確実に決定
  • 術中のステム高さの調整が可能
  1. Data is on file at Biomet
  2. McLaughlin, J.R. and Lee, K.R. Survivorship at 22 to 26 Years Reported withUncemented Tapered Total Hip Stem. Orthopedics Today. 30(1): 1, 2010.

Additional Information