KNEE

吉田クリニック   吉田 研二郎 先生

吉田研二郎先生(吉田クリニック)によるOxford Japan Course 2013におけるLive Surgeryのビデオです。吉田先生は2002年から現在までに、Oxford Partial Knee System Phase 3 を用いたUKAを約2,000症例行っています。このビデオでは、UKAの手術適応をX線で評価する方法、手術体位の取り方、Oxford Partial Knee Microplasty Instrumentationを使用した手術手技のコツや注意点を、ご経験豊富な吉田研二郎先生ご自身の執刀と解説にてご覧頂けます。

豊岡中央病院   浜口 英寿 先生

より正確な骨切り、インプラント設置を実現するために開発された Oxford Microplasty Instrument を使ったライブサージェリーのビデオです。 特に、今回の改良で脛骨骨切りガイド、大腿骨ドリルガイドなどが変更になり、より正確で低侵襲な手術が可能になりました。

【症例紹介】
80歳 女性、主訴 左膝痛。身長142cm、体重43kgと小柄である。 
Anteromedial OA、Correctable OA、そしてACLが保たれていることからOxford UKAの適応と判断。