E1 Antioxidant Infused Technology for Knee Bearings

The only antioxidant infused bearing technology.

Epoly_Knee_callout_new

天然抗酸化剤のビタミンEをInfuse(浸漬/浸透)したE1 テクノロジーは、真の耐酸化性、高い機械的強度、そして超低摩耗性を併せ持つことにより、リメルティングやアニーリングハイリークロスリンクポリエチレンの持つ限界を克服した、新たなクラスのハイリークロスリンクポリエチレンです。1,2

 

Oxidative Stability

ビタミンE の効果により、リメルティングを回避することができ、機械的特性、耐摩耗性を維持しながらポリエチレンの酸化による劣化を防ぐことが試験により証明されています。1

ESC Oxidation Profile v2

Environmental Stress Cracking Test ESC/環境応力亀裂

Mechanical Strength

E1における極限引張り強度と降伏強度は、ガンマ線照射後のリメルティングしたポリエチレンより高いことが試験により証明されています。

Ultimate_Tensile_new

Ultra Low Wear

10Mrad(100kGy)の照射により、耐摩耗性を高める高レベルのクロスリンキングを実現しました。1

001

Cruciate Retaining (CR) の膝における環境下で、DCM(Direct Compression Molded) と比較して86%摩耗を軽減1

002

Posterior Stabilized (PS) の膝における環境下で、DCM (Direct Compression Molded) と比較して87%摩耗を軽減1

E1 Tibial Bearings

4種類のプライマリーベアリングオプション

Vang001_trm

- Cruciate Retaining

  • 回旋許容(内外旋)±15°
  • 内外反リフトオフ制御性なし
  • 後方傾斜3°
Vang002_trm

- Cruciate Retaining Lipped

  • 回旋許容(内外旋)±15°
  • 内外反リフトオフ制御性なし
  • 後方リップ
  • 後方傾斜0°
Vang003_trm

- Anterior Stabilized

  • 回旋許容(内外旋)±6°
  • 内外反リフトオフ制御性なし
  • 前方リップ
  • 後方傾斜0°
Vang004_trm

- Posterior Stabilized

  • 回旋許容(内外旋)±15°
  • 内外反リフトオフ制御性なし
  • 丸みのあるPSポスト
  • 後方傾斜0°
  1. Data on file at Biomet. Bench test results not necessarily indicative of clinical performance.
  2. Kurtz, S. et al. The UHMWPE Handbook: Ultra High Molecular Weight Polyethylene in Total Joint Replacement. Elsevier Academic Press. San Diego, CA. 2004.
  3. Nabar, S. et al. Comparison of Second Generation Highly Crosslinked Polyethylenes Under Adverse Aging Conditions. ORS 2008. Poster No. 1684.
  4. Parks, N.L. et al. Modular Tibial Insert Micromotion: A Concern with Contemporary Knee Implants. Clinical Orthopaedics and Related Research. 356: 1015, 1998.
  5. Bhambri, S. et al. The Effect of Aging on Mechanical Properties of Melt-annealed Highly Crosslinked UHMWPE. Crosslinked and Thermally Treated Ultra-High Molecular Weight Polyethylene for Joint Replacements. 17182, 2004.

Additional Information