VerSys Heritage

VerSys Heritage

「Sir John Charnley」が開発した低摩擦人工股関節のすぐれた実績には、20年の歴史があり、VerSys Heritageステムは、初代の設計に特徴的なステムの形状とポリッシュ表面を踏襲しています。ジンマー バイオメットでは、この実績ある設計思想を基本とし、様々な特徴を付加して、インプラントの性能をさらに向上させています。

 

フラットバックデザイン

Charnleyの初期設計思想を反映して背面は平面になっています。

 

サバイバルレート

VerSys Heritageに採用したステムデザインは、第一世代のチャンレイシステムのものです。この初代のデザインは、第二世代のデザインよりも臨床的な成功をおさめていると考えられています1-2

 

最小限のカラー

挿入ガイドの役割を果たすことで、正確なアライメントを確保し、ステムを髄腔の中央に位置づけることができます。

 

 

ポリッシュ表面

Charnleyの最初の設計理念の特徴であるポリッシュ表面を採用しています。

 

ディスタルセントラライザー

「5ポイントスター」設計の遠位セントラライザーは、4つのフィンを有するディスタルセントラライザーと比較して、骨幹部皮質との接触および、ステムのアライメントを改善するのに役立ちます。

  1. Dall DM, Learmonth ID, Solomon MI, et al. Fracture and loosening of Charnley femoral stems: comparison between first-generation and subsequent designs. J Bone Joint Surg(Br). 1993;75-B:259-65.
  2. Schulte KR, Callaghan JJ, Kelley SS, et al. The outcome of Charnley total hip arthroplasty with cement after a minimum twenty-year follow-up. J Bone Joint Surg. 1993;75-A:961-75.

Additional Information