Regenerex Porous Titanium Construct

Regenerex Porous Titanium Construct

Regenerexは35年以上の臨床実績のあるチタン合金を使用したポーラス構造体で、高い気孔率による早期ボーンイングロウスや、ラフサーフェイスによる良好な初期固定性が期待できます。

Regenerex Porous Titanium Construct
Regenerex Porous Titanium Construct

Optimum Pore Structure

平均気孔率67%、平均気孔サイズ300μmと、細胞の新生や血管の新生に必要とされる気孔サイズに類似しています。

Optimum Pore Structure

Rapid Bone Ingrowth2.3

動物試験の組織学的所見によると、インプラント挿入後2週で骨と血管の新生が始まり、その範囲は26週目において80%以上に及んだことが確認されています。

Rapid Bone Ingrowth

*黒い部分がインプラント。赤い部分が骨と血管の新生を表しています。

Strength and Flexibility

  • 海綿骨よりも強い圧縮強度*2,4
  • 海綿骨に近い柔軟性*2,4
Strength and Flexibility
  1. Hahn, H. and Palich,W. Preliminary Evaluation of Porous Metal Surfaced Titanium for Orthopedic Implants. Journal of Biomedical Materials Research. 4(4): 571-77, 1970.
  2. Data on file at Biomet. Bench test results are not necessarily indicative of clinical performance.
  3. Testing done on animal models.
  4. Wirtz, D., et al. Critical Evaluation of Known Bone Material Properties to Realize Anisotropic FE-simulation of the Proximal Femur. Journal of Biomechanics. 33(10): 1325-30, 2000.

Additional Information