TM Ankle System

file

トラベキュラーメタル アンクルシステムは、足関節の動きと柔軟性を可能な限り再現することを目的にデザインされた人工足関節です。

ロープロファイルデザイン・外側アプローチ・ハイリークロスリンクポリエチレンが一体となって長期間維持できるインプラントを目指しました。

術後の合併症を減少させるため外側アプローチを採用し、特殊器械も開発しました。

外側アプローチ

神経や血管の走行が集中する部位を避けて切開するため、神経系へのストレスや血管障害による術後合併症を低減します1,2

可動域に影響する解剖学的回旋中心を確認できるため、より正確にインプラントを設置できます

アライメントフレーム

独自のシステムにより距腿関節の正確なアライメントを取りやすくします

耐久性向上のマテリアル

  • 摩耗を低減するために設計されたハイリークロスリンクポリエチレン製インサート
  • 沈み込みを抑えるために接触面積の増加と全可動域で荷重分散を行えるラウンド形状
  • 正常な関節運動に対してインプラントを安定させるために冠状面に向いたレール
  • 内外反時の点接触を回避するための半拘束型デザイン

解剖学的な関節面

  • 解剖学的な動きを再現するための円錐台状デザイン
  • 軸回旋および前後運動を許容するデザイン
  • 解剖学的形状に合わせ、サイズによって変更した曲率
  1. Gill LH. Challenges in Total Ankle Arthroplasty. Foot and Ankle International, 2004;Vol. 25, No. 4: 195-207.
  2. Saltzman CL, et al. Prospective Controlled Trial of STAR Total Ankle Replacement Versus Ankle Fusion: Initial Results. Foot and Ankle International, 2004;Vol. 30, No. 7: 579-596.

Additional Information