K-Elbow

k_elbow

K-Elbowは、表面置換型(Un-linked)の人工肘関節で、工藤洋先生により40年以上前に開発されたType1から2013年のType6まで改良が重ねられ、数々の優れた臨床成績が報告されています。

上腕骨コンポーネントおよび、尺骨コンポーネントはアナトミカルな形状の表面置換型ですので、骨切除量を最小限に抑え、侵襲の少ないデザインとなっております。また2020 年より、手術手技を標準化するためにカッティングブロックを使ったオプション手技が追加されております。

  • 優れた長期成績を有する人工肘関節
  • 骨切除量の少なく、侵襲の小さい表面置換型
  • 生体肘関節に近い関節安定性を再現
  • 関節摺動面ポリエチレンの厚みを30%アップ
  • カッティングブロックによる骨切りのため、再現性と正確性が向上
file
Case Report:

Un-linked型(K-Elbow)から、Linked型(Nexel Elbow)への 人工肘関節再置換術

仙台徳洲会病院 副院長 井上 尚美 先生
file

会員制WEBマガジン(Zimmer Biomet Times)では、手技動画を含めたケースレポートを公開しております。

Additional Information