Patient Specific Instrument

psi-1

Patient Specific Instruments(PSI)は、骨切ガイドを正確な位置に導くことによって人工膝関節全置換術(TKA)を効率化します。 独自のデザインによりガイドの安定性を向上し、術前計画どおりの手術を実現します。MRIまたはCT画像に基づいて設計されたピンガイドは、患者様個有の骨形状に適合します。PSI は、基本的な術前計画方針や手術手技を変えることなく人工膝関節全置換術の効率を向上させます。

安定したピンガイド設置

カスタムメイドのピンガイドは、設置位置を確認したりアライメント不良を防ぐために上顆軸、荷重軸や前後軸などの解剖学的基準や、ガイドの位置を安定させる機構を考慮して設計されています。

大腿骨ピンガイド

ガイド前方の安定化機構により良好な適合性が得られます。

psi-2

脛骨ピンガイド

内側後方のフックによりガイドが安定し回旋異常を防ぎます。

psi-3

医師の術前計画に基づくカスタマイゼーション

Patient Specific Instruments Planner は、次世代の術前計画システムです。
術前に医師は患者の骨形状やアライメントを確認し、個々の患者様の骨形状に合わせた手術計画を立てることができます。

術前計画には次のような項目があります。

  • 使用インプラントの選定
  • 内反/外反角度
  • インプラントサイズ計測
  • 屈曲/伸展角度
  • 骨切除量
  • 後方傾斜角度
  • 大腿骨の回旋角度
psi-4

使用器械の削減

psi-5

PSI を用いることで、手術手順および手術器械数を削減することができます。使用器械の削減は、手術の効率を向上させます。

Additional Information