E1 Active Articulation Dual Mobility System

E1 Active Articulation Dual Mobility System

THA 術後早期の合併症として、脱臼は感染に次いで 2 番目に大きな問題とされています。 Dual mobility system はヨーロッパにおいて脱臼リスクの低減について優れた長期臨床成績が示されています1。 E1 Active Articulation Hip System は特に脱臼リスクのある症例に適応され、E1 Antioxidant Infused Technology が用いられている点で、次世代の Dual mobility system と定義されます

Dislocation Resistance

大径ベアリングによってもたらされる大きな可動域と高い脱臼抵抗力

Ultra-Low Wear

外方開角60°のカップ設置条件においてもArComライナーと比較して95%の摩耗を低減2

Large Range of Motion

最大166°のROMを実現

Oxidative Stability

リメルティングを回避し、機械的特性、耐摩耗性を維持しながらポリエチレンの酸化による劣化を防ぐことが試験により証明されている2

Clinically Proven Cup

臨床的に証明されたPPSコーティングでの強固な固定と、フィンによる回旋安定性を備えた完全半球状のM2a-Magnumカップ

Clinically Proven Cup
  1. Fresard, P., et al. Seven-year results of a press-fit, hydroxyapatite-coated double mobility acetabular component in patients aged 65 years or older. European Journal of Orthopaedic Surgery Traumatology. Volume 20, Number 5, July 2010.
  2. Data on file at Biomet. Bench test results not necessarily indicative of clinical performance.

Additional Information